入局案内

コンテンツ紹介

後期臨床研修プログラム
後期臨床研修プログラム

詳しくはこちら

一人前の整形外科医になるためには、卒後8~10年の研修と経験が必要と考えます。「一般外傷を極める」「将来は専門性の高い分野の手術をしたい」「基礎研究を経験したい」など人により理想の整形外科像は様々ですが、数年間は一定のプログラムで研修することで幅広い知識と経験が身に付きます。

医局長
医局長からのメッセージ

詳しくはこちら

兵庫医大整形外科をこよなく愛する圓尾圭史医局長から医学生・研修医の皆様に送る熱いメッセージはこちらから。

女性医師
整形外科女子への道

詳しくはこちら

手術やスポーツ関係の仕事を基本としている整形外科には、やっぱり男性医師が多い。その中で整形外科医という道を選択した女性医師が現在の思いを語ります。

サンフランシスコ短期研修
サンフランシスコ短期研修

詳しくはこちら

希望者は、カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校の付属病院(San Francisco General Hospital)で研修プログラムを2週間受けることができます。

チームドクター
チームドクターへの道

整形外科医は手術、診察、研究など様々な形でスポーツと関わります。その中でも、より密接にスポーツに触れることができるのがチームドクターという仕事です。

クラブ活動
クラブ活動

詳しくはこちら

兵庫医大整形外科でのスポーツ活動を紹介します。

関連病院

関連病院を紹介します。