整形外科ってどんな科?と思われる方もおられるかもしれませんが、
ひと言でいえば、運動器にかかわるケガや障害・疾患を対象とする科です。

運動器といえばまた、理解しにくい言葉ですが、
日常生活動作やスポーツなどの運動活動を行うための組織で、
骨・関節・筋肉・脊椎・それらを動かすための神経が含まれます。

具体的に、整形外科診療の対象となるものを挙げると、
骨折(手・足・脊椎を含みますが、顔面の骨折は対象外です)、
関節の捻挫や脱臼(靭帯や半月板、軟骨の損傷や断裂を含みます)、
頚椎から腰椎・骨盤におよぶ脊椎や脊髄のケガや障害(変形やヘルニアなど)、
末梢神経の障害や損傷、骨・軟骨・筋肉・脂肪などの腫瘍などがあります。

教授 吉矢晋一

年齢別にみても、先天性の変形や障害、小児・発育期の骨・関節・脊椎の障害、交通事故やスポーツ外傷、
労働災害、高齢者の加齢に伴う足腰の問題と、その対象は多岐にわたります。
スポーツ愛好者の増加、高齢者層の割合の増加にともない、整形外科の対象となる方の人口は増える一方です。

治療の内容は、ケガ、運動器障害・疾患に対しての手術のみでなく、
薬剤、注射、運動器リハビリテーションなどの手術以外の治療(保存的治療といわれます)も併せて行う、
ということが整形外科の特徴です。

手術については、骨折の固定術、関節の靭帯や半月板などのケガに対する関節鏡手術、脊椎固定手術や人工関節、
腫瘍の切除や切除後の機能再建手術などがあります。

以上のような整形外科医の活動の場は、救命救急センターでの骨折や手足、脊椎外傷の治療、
一般病院整形外科での運動器各領域のケガや障害・疾患への手術と保存的治療、
スポーツドクターとしてのスポーツ現場での活動、
地域開業医という立場での(保存的治療を中心とした)地域住民のための診療活動、
とさまざまなパターンがあります。

兵庫医大の整形外科は、上に述べたような各領域のすべてを扱っています。
大きな大学と比べると、質・量ともに足らないところはありますが、元気とチームワークでそれをおぎなっています。
我々の教室に興味をお持ちの学生、研修医、臨床医の皆様、そして患者さんなど一般の方々に、
このホームページは、面白く、ためになる情報をお知らせできるものと思っています。

教授 吉矢晋一

教授 吉矢晋一

整形外科ってどんな科?と思われる方もおられるかもしれませんが、
ひと言でいえば、運動器にかかわるケガや障害・疾患を対象とする科です。

運動器といえばまた、理解しにくい言葉ですが、
日常生活動作やスポーツなどの運動活動を行うための組織で、骨・関節・筋肉・脊椎・それらを動かすための神経が含まれます。

具体的に、整形外科診療の対象となるものを挙げると、骨折(手・足・脊椎を含みますが、顔面の骨折は対象外です)、
関節の捻挫や脱臼(靭帯や半月板、軟骨の損傷や断裂を含みます)、
頚椎から腰椎・骨盤におよぶ脊椎や脊髄のケガや障害(変形やヘルニアなど)、
末梢神経の障害や損傷、骨・軟骨・筋肉・脂肪などの腫瘍などがあります。

年齢別にみても、先天性の変形や障害、小児・発育期の骨・関節・脊椎の障害、交通事故やスポーツ外傷、
労働災害、高齢者の加齢に伴う足腰の問題と、その対象は多岐にわたります。
スポーツ愛好者の増加、高齢者層の割合の増加にともない、整形外科の対象となる方の人口は増える一方です。

治療の内容は、ケガ、運動器障害・疾患に対しての手術のみでなく、
薬剤、注射、運動器リハビリテーションなどの手術以外の治療(保存的治療といわれます)も併せて行う、
ということが整形外科の特徴です。

手術については、骨折の固定術、関節の靭帯や半月板などのケガに対する関節鏡手術、脊椎固定手術や人工関節、腫瘍の切除や切除後の機能再建手術などがあります。

以上のような整形外科医の活動の場は、救命救急センターでの骨折や手足、脊椎外傷の治療、
一般病院整形外科での運動器各領域のケガや障害・疾患への手術と保存的治療、
スポーツドクターとしてのスポーツ現場での活動、
地域開業医という立場での(保存的治療を中心とした)地域住民のための診療活動、とさまざまなパターンがあります。

兵庫医大の整形外科は、上に述べたような各領域のすべてを扱っています。
大きな大学と比べると、質・量ともに足らないところはありますが、元気とチームワークでそれをおぎなっています。
我々の教室に興味をお持ちの学生、研修医、臨床医の皆様、そして患者さんなど一般の方々に、このホームページは、面白く、ためになる情報をお知らせできるものと思っています。

教授 吉矢晋一