グループ紹介 膝人工関節班

膝人工関節班
  • 膝人工関節班
  • 膝人工関節班
  • 膝人工関節班

研究

  1. 1 Image free navigation TKAを用いたキネマティクスの検討

    人工膝関節置換術(TKA)の対象となる膝関節は生理的屈曲キネマティクスが破たんしていると考えられ、TKA術後にこれらがどのように変化しているかをCT free navigationを用いて検討している。post-cam構造がなく、PCLを切除するタイプ(UC型もしくはCS型)とpost-cam構造を持つPS型TKAの術中膝動作解析との比較検討を行い、UC型がfemoral roll back量が小さいことを報告している。(2013 人工関節学会、2014 ORS)今後はPCLを切除しないCR型との比較検討を行っていく予定である。

  2. 2 TKA 術後鎮痛の検討

    TKA術後疼痛は強く、患者満足度にも影響する要因の一つであると考え、以前より術後鎮痛の検討を行っている。術後の鎮痛方法は、局所麻酔薬を用いた関節周囲ブロックや大腿神経ブロック等の術後の疼痛、炎症、リハビリ経過等を比較検討している。

  3. 3 PSIを用いたTKAの正確性の検討

    Patient-Specific-Instrument(PSI)は3次元画像データに基づいて一人ひとりに適した手術計画を行い、人工関節手術ガイドをオーダーメイドし、そのガイドに従ってTKAを行う。PSIを用いたTKAは手術時間の短縮、正確なアライメントの報告がされている。我々はCT baseとMRI base PSI の正確性、出血量、手術時間等の比較検討を行っている。

  4. 4 TKA術後の深部静脈血栓症予防

    人工膝関節置換術後の重大な合併症の一つである深部静脈血栓症(DVT)がある。DVTの予防におけるエドキサバン、フォンダパリヌクス、エノキサパリンの有効性と安全性を比較検討している。

  5. 5 弯曲の強い大腿骨に対するフレキシブルロッドの有用性の検討

    日本人の大腿骨は欧米人と比較し前弯が強いことが報告されている。Rigid Rod では前弯が強い症例では大腿骨コンポーネントが伸展位に設置されたり、インプラントサイズが大きいものが選択される傾向にあった。前弯に沿って挿入されるFlex Rod ではこれらが回避できると期待される、Flex Rodの有用性を検討している。

論文

原著(欧文)

  1. 1 Meniscus regeneration by syngeneic, minor mismatched, and major mismatched transplantation of synovial mesenchymal stem cells in a rat model.

    Okuno M, Muneta T, Koga H, Ozeki N, Nakagawa Y, Tsuji K, Yoshiya S, Sekiya I. J Orthop

    Res. 2014 Mar 18

著書

  1. 1 鎖骨遠位端・骨幹部骨折に伴う烏口突起骨折の1例

    奥野 真起子(兵庫医科大学篠山病院 整形外科), 岡山 明洙, 常深 健二郎, 高原 啓嗣, 楊 鴻生

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 2011

  2. 2 後頸部に発生したmalignant solitary fibrous tumorの1例

    奥野 真起子(兵庫医科大学 整形外科学教室), 福永 訓, 麩谷 博之, 加藤 洋規, 吉田 瞳, 吉矢 晋一

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 2010

学会発表

国際学会

  1. 1 Syngeneic, minor mismatched, and major mismatched transplantation of synovial mesenchymal stem cells in a rat massive meniscal defect model

    Okuno M; Sekiya I; Otabe K; Katagiri H; Ozeki N; Horie M; Koga H; Tsuji K; Yoshiya S; Muneta T

    ORS(国際整形外科基礎学会)San Fransisco 2012

  2. 2 Syngeneic, minor mismatched, and major mismatched transplantation of synovial mesenchymal stem cells in a rat massive meniscal defect model at 2, 4 and 8 weeks

    Okuno M; Sekiya I; Otabe K; Katagiri H; Ozeki N; Horie M; Koga H; Tsuji K; Yoshiya S; Muneta T

    ORS(国際整形外科基礎学会)San Antonio 2013

  3. 3 Syngeneic, minor mismatched, and major mismatched transplantation of synovial mesenchymal stem cells for meniscal regeneration in a rat model

    Makiko Okuno; Ichiro Sekiya; Hieyuki Koga; Masafumi Horie; Nobutake Ozeki; Hiroki Katagiri; Yusuke Nakagawa; Kunikazu Tsuji ; Shinichi Yoshiya; Takeshi Muneta

    EFFORT(ヨーロッパ整形外科学会) Istanbul 2013

  4. 4 Different pattern of intra-operative passive flexion kinematics after ultra-congruent (UC) and posterior stabilized(PS) total knee arthroplasty.

    Morooka T; Imamura F; Okuno M;Nakayama H; Yoshiya S

    ORS(国際整形外科基礎学会) 2014

  5. 5 Meniscus Regeneration by Syngeneic, Minor Mismatched, And Major Mismatched Transplantation of Synovial Mesenchymal Stem Cells In a Rat Model

    Makiko Okuno; Takeshi Muneta; Nobutake Ozeki; Kunikazu Tsuji ; Shinichi Yoshiya; Ichiro Sekiya

    OARSI (国際変形性関節症学会) Paris 2014

国内学会

  1. 1 滑膜間葉系幹細胞による半月板再生:同系移植と同種移植との比較

    奥野真起子, 関矢一郎, 片桐洋樹, 大関信武, 辻邦和, 吉矢晋一, 宗田大

    日整会基礎 2012

  2. 2 単顆型人工膝関節術後に反復性膝関節内血腫を呈した2例

    奥野真起子, 今村史明, 諸岡孝俊, 吉矢晋一

    人工関節学会 2014

  3. 3 CT-free navigationを使用したUltra-Congruent(UC)型TKAとPS型TKAの膝他動屈曲kinematicsの術中解析

    臨床バイオメカニクス学会 2013

業績

  1. 1 CT-free navigationを仕様した非対称post-comデザインを持つPS型TKAの膝他動屈曲kinematicsの術中解析

    諸岡孝俊、奥野真起子、今村史明、福西成男、吉矢晋一

    人工関節学会 福岡 2015

  2. 2 同一膝におけるMRI-basedとCT-based patient-specific positioning guidesの比較

    奥野真起子、諸岡孝俊、今村史明、吉矢晋一

    人工関節学会 福岡 2015

  3. 3 Orthopolotを仕様した非対称post-camデザインを持ちPS型TKAの膝他動屈曲kinematicsの術中解析

    諸岡孝俊

    Hifh performance TKA Seminar 神戸 2015

  4. 4 第5中足骨基部疲労骨折(Jones骨折)髄内screw固定の工夫
    ―軸位コントロールの有用性について―

    諸岡孝俊、田中寿一、高島孝之、吉矢晋一

    日本整形外科学会学術総会 神戸 2015