グループ紹介 股関節外科班

股関節外科班

基礎・臨床研究

  1. 1 CT Free Navigation THAの正確性と有用性の検討

    当科では2006年よりTHAに際してimage free navigation systemを用いて250例以上の症例に対して手術を行っており, これまで良好な臨床成績を上げてきている。導入初期のcup navigationにおけるcup設置の精度の検討に始まり, stem navigationにおける脚長の補正, 大腿骨側のantetorsionとcupも含めたtotal anteversionについてその精度と臨床成績を検討している。

  2. 2 THAの術後鎮痛法の検討

    人工股関節置換術後の疼痛管理は患者の満足度を向上する上で非常に重要な問題であると考えており, THAに際してprospective studyを行い各種末梢神経ブロック, 薬物療法などの有効性, 合併症の有無についての検討を行っている。またそれらの手技を組み合わせる事により更なる除痛効果と患者満足度の向上を目指している。

  3. 3 THAにおける大径骨頭の成績と有用性(HXLPE,メタルオンメタル)

    骨頭径が大きくなることは脱臼率の低下および可動域の増大に伴う患者ADLの拡大の観点から非常に有用な選択肢である。当科では2008年からmetal on metal の摺動面を有する大径骨頭THAを行い, 短期では非常に良好な臨床成績を上げてきた。欧米でのmetal on metalの成績不良例が報告されるようになった2010年からnew generationのHXLPEを使用して36mm 及び40mm headを用いたTHAを行っている。今後metal on metal THAの長期成績を追跡するとともにHXLPEの摺動面の解析を行っていく。

  4. 4 当科におけるTHAのSSIのリスクについての検討

    当科におけるTHAのSSIの発生に拘わった因子について多変量解析を行い, リスク因子となった症例に対する各種予防策を検討しSSIの減少に努めている。また術前後の術野の細菌培養検査を行い今後の手術手技の改善点について検討している。

  5. 5 若年者表面置換型THAの臨床成績

    表面置換型THAは若年者, 活動性の高い患者に対する骨温存手術として有用な術式であるがmetalion濃度の上昇, pseudo tumor, ALVAL, ARMEDの発生等の合併症の報告もある。当科では若年でスポーツ活動の継続の希望など活動性の高い患者に対して表面置換型THAを行っており, 患者の元の職業への復帰, スポーツの継続等の点で良好な臨床成績を報告している。今後metal ion濃度の計測, survival rateの検討を行っていく。

  6. 6 臼蓋形成不全股における治療(骨切り手術と股関節鏡の併用)

    当科では臼蓋形成不全による前, 初期股関節症に対して2009年より従来行ってきたRAOからCPOに術式の変更を行っている。股関節鏡視下手術の導入に伴って2010年よりCPO施行時に鏡視下に関節唇の観察を行い関節唇損傷例には関節唇縫合術の追加とosteochondroplastyを行っている。臼蓋形成不全股における関節唇損傷の頻度や臼蓋形成不全股とFAIの合併例について検討している。

  7. 7 THA再置換術における大腿動脈血管走行異常の検討

    THAの再置換, 再々置換術, Crowe type IVの高位脱臼例などの難易度の高いTHAに際しては大腿骨の解剖学的な異常に伴って大腿動脈の走行異常が予測され術中の血管損傷のリスクが増大していると予想される。このような症例に対して術前に3D-CT angiographyを行い大腿動脈の走行異常, 術中のリスク回避について検討している。症例を重ねることでその形態, パターンを解析している。

  8. 8 大腿骨ステム前捻を決定するガイドの開発と臨床成績

    大腿骨ステムの前捻を術中に正確に決定するためにステム挿入時の前捻角を計測するjigを独自に開発し使用している。術後CTにおける計測値でのガイドの精度の検討, stem navigationを用いて行った前捻との精度の比較を行っている。

  9. 9 高齢者大腿骨頸部骨折に対するTHAの臨床成績

    Garden III, IVの大腿骨頚部骨折の治療として人工骨頭置換術が一般的であるが, 股関節痛の残存, headのmigrationなどの問題もあり比較的活動性の高い70代の患者には大径骨頭を用いて積極的にTHAを行っている。一般的な人工骨頭とTHAの周術期の問題点, 臨床成績, 患者満足度等について比較検討を行っている。

  10. 10 透析性股関節症に対する各種手術成績

    長期透析患者が様々な股関節病変を生じる事に着目し, 長期透析患者の股関節障害についてその特徴的な病態とX線変化を独自に分類しそれぞれの病変について治療方針, 術式を決定している。各術式の手術成績, 合併症について検討している。

  11. 11 骨温存型ステムにおける大腿骨のレントゲン変化の検討

    当科では2006年より症例に応じてBicontact stem (Aesculap)と2007年よりAccolade stem (Stryker)をセメントレスTHAの際に使用している。それぞれコンセプトの異なる板状の骨温存型ステムについて術後大腿骨のX線変化と臨床成績を検討している。

  12. 12 Cup設置におけるTransverse Acetabular Ligamentの有用性

    TALは従来より術中のcup設置高位の指標として一般的に用いられてきた。TALがcupのanteversionの指標になるかいなかを検討するために死体股関節とnavigation systemを用いてTALの実際のanteversionを計測しその性差など臨床応用の可能性を検討している。

論文

原著(欧文)

  1. 1 Accuracy of combined anteversion in image-free navigated total hip arthroplasty: stem-first or cup-first technique?

    Shigeo Fukunishi, Shoji Nishio, Yuki Fujihara, Shohei Okahisa, Yu Takeda, Tomokazu Fukui, Shinichi Yoshiya

    Int Orthop. 2015

  2. 2 Morphology of Acetabulum and Femoral Head-Neck Junction in Hip Dysplasia Which Underwent Rotational Acetabular Osteotomy.

    Ryo Kanto, Hiroshi Nakayama, Shoji Nishio, Yuki Fujihara, Yu Takeda, Shigeo Fukunishi, Shinichi Yoshiya, Toshiya Tachibana

    Open Journal of Orthopedics 2015; 5(5):126-134.

  3. 3 Histological evaluation of the bone-ceramic interface of an alumina ceramic cup arthroplasty retrieved after 25 years in-vivo.

    Fuminori Higuchi, Shigeo Fukunishi, Shoji Nishio, Tomokazu Fukui, Yuki Fujihara, Shohei Okahisa, Yu Takeda, Shinichi Yoshiya

    Arthroplasty Today 2015 (In Press)

  4. 4 Clinical study for the use of G-guide in measurement of stem antetorsion during total hip arthroplasty.

    Yuki Fujihara, Shigeo Fukunishi, Shoji Nishio, Yu Takeda, Tomokazu Fukui, Shohei Okahisa, Shinichi Yoshiya

    Ortopedics 2015 (In Press)

  5. 5 Comparison of Continuous Femoral Nerve Block, Caudal Epidural Block, and Intravenous Patient-controlled Analgesia in Pain Control After Total Hip Arthroplasty: A Prospective Randomized Study.

    Nishio S, Fukunishi S, Juichi M, Sahoko K, Fujihara Y, Fukui T, Yoshiya S.

    Orthop Rev (Pavia). 2014 Mar 12;6(1):5138.

  6. 6 Double threaded screw fixation for bilateral stress fracture of the medial malleolus.

    Kanto R, Fukunishi S, Morooka T, Seino D, Takashima T, Yoshiya S, Tanaka J.

    Case Rep Orthop. 2014

  7. 7 Significance of preoperative 3D-CT angiography for localization of the femoral artery in complicated THA.

    Fukunishi S, Okahisa S, Fukui T, Nishio S, Fujihara Y, Takeda Y, Yoshiya S.

    J Orthop Sci. 2014 Feb 15.

  8. 8 Fascia iliaca compartment block: its efficacy in pain control for patients with proximal femoral fracture.

    Fujihara Y, Fukunishi S, Nishio S, Miura J, Koyanagi S, Yoshiya S.

    J Orthop Sci. 2013 Sep;18(5):793-7.

  9. 9 Arthroscopic labral repair concomitantly performed with curved periacetabular osteotomy.

    Nakayama H, Fukunishi S, Fukui T, Yoshiya S.

    Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2013; 23

  10. 10 Assessment of acetabulum anteversion aligned with the transverse acetabulum ligament -Cadaveric study using image-free navigation system-

    Fukui T, Fukunishi S, Nishio S, Fujihara Y, Okahisa S, Yoshiya S

    Orthop Rev. 2013; 5: e5

  11. 11 Combined anteversion of the total hip arthroplasty implanted with image-free cup navigation and without stem navigation.

    Fukunishi S, Fukui T, Shoji Nishio S, Fujihara Y, Yoshiya S

    Orthop Rev. 2012; 4: e33

  12. 12 Adjustment of leg length using imageless navigation THA software without a femoral tracker.

    Shoji Nishio, Shigeo Fukunishi, Tomokazu Fukui, Yuki Fujihara, Shinichi Yoshiya

    J Orthop Sci. 2011; 16: 171-176.

  13. 13 Abrogation of Treg function deteriorates rheumatoid arthritis.

    Yamagiwa Tokuyoshi, Shigeo Fukunishi, Toshiya Tachibana, Haruki Okamura, Shinichiro Kashiwamura. Shinichi Yoshiya

    Mod Rheumatol. 2012; 22: 80-88

  14. 14 Femoral artery injury during revision total hip arthroplasty for dislocated hemiarthropathy: A case report.

    Shohei Okahisa, Shigeo Fukunishi, Tomokazu Fukui, Shoji Nishio, Yuki Fujihara, Shinichi Yoshiya

    Hip int. 2011; 21: 502-505

  15. 15 Radiological classification of hip arthropathy associated with long-term hemodialysis.

    Shigeo Fukunishi, Tomokazu Fukui, Shoji Nishio, Yuki Fujihara, Shouhei Okahisa, Shinichi Yoshiya

    Hip int. 2011; 21: 457-462

  16. 16 Use of image-free navigation in determination of acetabular cup orientation: Analysis of factors affecting precision.

    Tomokazu Fukui, Shigeo Fukunishi, Shoji NIshio, Nao Shibanuma, Shinichi Yoshiya

    Orthopedics 2010; 33: 38-42

  17. 17 Results of total hip arthroplasty for dialysis arthropathy in long-term hemodialysis patients

    Shigeo Fukunishi, Tomokazu Fukui, Shoji Nishio, Fumiaki Imamura, Kousei Yoh, Shinichi Yoshiya

    J Orthop Sci,. 2009 14:285-291

  18. 18 Multiple pelvic insufficiency fractures in rheumatoid patients with mutilating changes.

    Shigeo Fukunishi, Tomokazu Fukui, Shoji Nishio, Fumiaki Imamura, Shinichi Yoshiya

    Orthopedic Reviews 2009 1;60-63

  19. 19 Assessment of accuracy of acetabular cup orientation in CT-free navigated total hip arthroplasty.

    Shigeo Fukunishi, Tomokazu Fukui, Shoji Nishio, Nao Shibanuma, Shinichi Yoshiya

    Orthopaedics, 2008 31:1-4

  20. 20 Beta2-microglobulin amyloid deposit in HLA-B27 transgenic rats.

    Shigeo Fukunishi, Kousei Yoh, Seiya Kamae, Shinichi Yoshiya

    Mod Rheumatol 2007 17:380-384

  21. 21 Bone Graft for Large Bone Cyst of the Femoral Neck in Patients on Hemodialysis

    Shigeo Fukunishi, Kousei Yoh, Shinich Yoshiya

    Clini Orthop Relat Res. 2007 461:175-179

  22. 22 Late foreign-body reaction to PLLA screws used for fixation of acetabular osteotomy

    Daisuke Seino, Shigeo Fukunishi, Shinichi Yoshiya

    J Ortopaedic Traumatol 2007 8:181-191

著書

  1. 1 術中stem前捻角決定におけるG-guideの有用性の検討(第2報)

    藤原勇輝, 岡久昇平, 福西成男, 西尾祥史, 吉矢晋一

    Hip joint, 39; 786-789, 2013.

  2. 2 BiCONTACT stemの術後の大腿骨X線変化

    福西成男, 福井智一, 西尾祥史, 藤原勇輝, 武田悠, 岡久昇平, 吉矢晋一

    Hip joint, 39; 664-669, 2013.

  3. 3 表面置換型THA術後にトライアスロンに復帰した1例

    森本将太, 福西成男, 西尾祥史, 福井智一, 藤原勇輝, 武田悠, 岡久昇平, 吉矢晋一

    Hip joint, 39; 1151-1154, 2013.

  4. 4 Metal-on-Metal large head を用いたTHAの短期成績

    福西成男, 福井智一, 武田悠, 西尾祥史, 藤原勇輝, 岡久昇平, 吉矢晋一

    Hip joint, 38; 229-232, 2012.

  5. 5 Modified-Hardinge approach(Mini-one)approachによる股関節滑膜性骨軟骨腫症に対する腫瘍摘出術

    武田悠, 福西成男, 福井智一, 吉矢晋一

    Hip joint, 38; 860-863, 2012.

  6. 6 Image-free navigationにおけるTHAの精度と設置誤差に関わる因子の検討

    福井智一, 福西成男, 西尾祥史, 藤原勇輝, 岡久昇平, 吉矢晋一

    Hip joint, 38; 965-969, 2012.

  7. 7 Cup関節形成術後25年経過時に弛み無く摘出されたアルミナセラミックカップと骨界面の組織学的検討

    福西成男, 福井智一, 西尾祥史, 藤原勇輝, 岡久昇平, 吉矢晋一

    Hip joint, 38; 1058-1060, 2012.

  8. 8 大腿骨ステム前捻角決定における術中G-ガイドの有用性

    藤原勇輝, 福西成男, 福井智一, 西尾祥史, 岡久昇平, 吉矢晋一

    Hip joint, 38; 517-521, 2012.

  9. 9 Image free navigationを使用したTHAの成績と問題点

    福西成男, 福井智一, 西尾祥史, 藤原勇輝, 岡久昇平, 吉矢晋一

    Hip joint, 37; 41-43, 2011.

  10. 10 THA及びTHA再置換時における術前造影CTでの大腿動脈の走行異常の検討

    岡久昇平, 福西成男, 福井智一, 吉矢晋一

    Hip joint, 37; 606-609, 2011.

  11. 11 THA術後疼痛に対する各種鎮痛方法の比較検討

    西尾祥史, 三浦寿一, 藤原勇輝, 小柳佐保子, 福西成男, 吉矢晋一

    Hip joint, 37; 656-658, 2011.

  12. 12 長期透析患者における大腿骨頚部アミロイド骨嚢腫に対する骨移植術

    福西成男, 楊鴻生, 吉矢晋一

    整形外科 2010 61(2)193-197

  13. 13 大腿骨頚部骨折に対するanatomical large headを用いた人工股関節置換術

    福西成男, 福井智一, 西尾祥史, 藤原勇輝

    別冊整形外科 2010 57:213-217

  14. 14 Garden Ⅲ,Ⅳの大腿骨頚部骨折に対するanatomical large head(ADEPT HIP)を用いたTHAの治療成績

    福西成男, 福井智一, 藤原勇輝, 西尾祥史, 吉矢晋一

    Hip joint, 36; 445-448, 2010.

  15. 15 CT fee navigationTHAにおける脚長差補正の検討(Navi vs Manual)

    西尾祥史, 福西成男, 福井智一, 今村史明, 吉矢晋一, 三浦寿一

    Hip joint, 36: 159-161, 2010.

  16. 16 CT free navigationを用いたTHAにおけるtotal anteversionの検討

    福井智一, 福西成男, 西尾祥史, 吉矢晋一

    Hip joint, 36: 162-164, 2010

  17. 17 IBDに合併する関節症状とその対策

    福西成男

    IBD Reserch. 2009 3:33-36

  18. 18 RA臼底突出を伴った寛骨臼insufficiency fracture 3例に対するKT plateを用いた臼蓋再建術

    福西成男, 福井智一, 西尾祥史, 今村史明, 吉矢晋一

    Hip joint, 35;519-522, 2009.

  19. 19 大腿骨にピンを刺入しないCT free navigation THAにおける脚長補正の検討

    西尾祥史, 福西成男, 福井智一, 吉矢晋一

    Hip joint, 35: 596-598, 2008.

  20. 20 CT free navigationを用いたTHAにおいて恥骨結合上の何部組織の厚みがcupの設置角に及ぼす影響

    福西成男, 西尾祥史, 福井智一, 吉矢晋一, 柴沼均

    日整会誌83〔3〕2009 S423

  21. 21 長期透析患者におけるアミロイド股関節症に対するTHAの臨床成績

    福西成男, 福井智一, 西尾祥史, 吉矢晋一

    Hip joint, 34: 406-409, 2008.

  22. 22 長期透析患者におけるアミロイド骨嚢腫に対する骨移植術

    福西成男, 福井智一, 西尾祥史, 吉矢晋一

    Hip joint, 34: 788-791, 2008.

  23. 23 骨盤寛骨臼骨折術後のOAに対するTHAの経験

    西尾祥史, 福西成男, 福井智一, 吉矢晋一

    Hip joint, 34: 418-421, 2008.

  24. 24 CT free navigation THAにおけるCup設置角の三次元的検討 -Mini vs standard-

    福西成男, 西尾祥史, 吉矢晋一, 福井智一, 柴沼均

    日整会誌82 〔3〕2008 S455

  25. 25 臼蓋形成不全股に対する骨移植併用THAへのCT free navigation systemの応用

    福西成男, 福井智一, 今村史明, 柴沼均, 吉矢晋一

    Hip joint, 33: 310-313, 2007.

  26. 26 CT free navigation systemを併用したMIS THAの成績

    福井智一, 福西成男, 今村史明, 柴沼均, 吉矢晋一

    Hip joint, 33: 314-317, 2007.

  27. 27 当科におけるChiari骨盤骨切り術14年以上経過例の検討

    福西成男, 福井智一, 今村史明, 立石博臣, 吉矢晋一

    Hip joint, 33: 107-110, 2007.

  28. 28 K-Tプレートを用いた臼蓋再建の検討

    今村史明, 福西成男, 福井智一, 吉矢晋一

    Hip joint, 33: 231-235, 2007.

  29. 29 CT free Navigation systemを用いたTHAにおけるCup設置角の検討

    福西成男, 福井智一, 今村史明, 柴沼均, 吉矢晋一

    日整会誌81 〔4〕2007 S393

  30. 30 CT Free Navigation Systemを併用したMIS THA の経験

    福井智一, 福西成男, 今村史明, 柴沼均, 吉矢晋一

    日整会誌81 〔3〕2007 S292

  31. 31 外来診療の役割, 経験から学ぶ大規模災害医療(丸川征四郎 編)

    福西成男

    永井書店 大阪 226-229

学会発表

国際学会

  1. 1 Clinical study for measurement of stem ante torsion during total hip arthroplasty -CT free navigation VS G-guide-

    Yuki Fujihara, Shigeo Fukunishi, Yu Takeda, Shinichi Yoshiya

    Annual Meeting of CAOS-International Proceedings Vancourver 2015.6

  2. 2 Accuracy of combined anteversion technique with image-free navigated total hip arthroplasty

    Yuki Fujihara, Shigeo Fukunishi, Yu Takeda, Shinichi Yoshiya

    Annual Meeting of CAOS-International Proceedings Vancourver 2015.6

  3. 3 Accuracy of component orientation and leg length adjustments using revised version image-free navigation in hip arthroplasty

    Yuki Fujihara, Shigeo Fukunishi, Yu Takeda, Shinichi Yoshiya

    Annual Meeting of CAOS-International Proceedings Vancourver 2015.6

  4. 4 Incidence of bacterial contamination inside the leg bag during total hip arthroplasty using lateral approach in lateral decubitus position

    Tomokazu Fukui, Shigeo Fukunishi, Shoji Nishio, Yuki Fujihara, Yu Takeda, Shinichi Yoshiya

    Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society San Francisco 2015.2

  5. 5 Accuracy of component orientation using image-free navigation in total hip arthroplasty

    Yu Takeda, Shigeo Fukunishi, Yuki Fujihara, Shoji Nishio, Tomokazu Fukui, Shinichi Yoshiya

    Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society San Francisco 2015.2

  6. 6 Inserted Accuracy of acetabular cup placement using a smartphone in cadaveric study

    Kenji kurosaka, Shigeo Fukunishi, Yuki Fujihara, Shoji Nishio, Tomokazu Fukui, Shinichi Yoshiya

    Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society San Francisco 2015.2

  7. 7 Comparison of image-free navigation and intraoperative instrument (Gravity-guide) in assessment accuracy of femoral stem antetorsion in THA

    Shigeo Fukunishi, Yuki Fujihara, Shoji Nishio, Tomokazu Fukui, Shinichi Yoshiya

    Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society New Oreans 2014.2

  8. 8 Inserted Accuracy of acetabular cup placement using a smartphone as an intraoperative measurement tool -In vitro assessment using model bone-

    Kenji kurosaka, Shigeo Fukunishi, Yuki Fujihara, Shoji Nishio, Tomokazu Fukui, Shinichi Yoshiya

    Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society New Oreans 2014.2

  9. 9 Adjustment of leg length discrepancy using two different imageless navigation soft wears in THA

    Fuminori Higuchi, Shigeo Fukunishi, Shoji Nishio, Yuki Fujihara, Yu Takeda, Tomokazu Fukui, Shinich Yoshiya

    Annual Meeting of CAOS-International Proceedings Milan 2014.6

  10. 10 Inserted Accuracy of acetabular cup placement using a smartphone in cadaveric study

    Kenji kurosaka, Shigeo Fukunishi, Yuki Fujihara, Shoji Nishio, Tomokazu Fukui, Shinichi Yoshiya

    Annual Meeting of CAOS-International Proceedings Milan 2014.6

  11. 11 Accuracy of combined anteversion in THA with the stem first technique using image-free navigation

    Shigeo Fukunishi, Shoji Nishio, Tomokazu Fukui, Yuki Fujihara, Shohei Okahisa, Shinichi Yoshiya

    Annual Meeting of CAOS-International Proceedings Milan 2014.6

  12. 12 Comparison of femoral nerve block with and without combined sciatic nerve block after total hip arthroplasty Prospective evaluation of efficacy and safety

    Shoji Nishio, Shigeo Fukunishi, Tomokazu Fukui, Yuki Fujihara, Shohei Okahisa, Shinichi Yoshiya

    America Academy of Orthopedic Surgeons Annual Meeting Chicago 2013.2

  13. 13 Arthroscopic treatment concomitant with pelvic osteotomy for developmental dysplasia of the hip

    Shigeo Fukunishi, Shoji Nishio, Hiroshi Nakayama, Shinichi Yoshiya

    EFFORT Istanbul 2013.6

  14. 14 Comparison of image-free navigation and intraoperative instrument (Gravity-guide) in assessment accuracy of femoral stem antetorsion

    Shigeo Fukunishi, Shoji Nishio, Tomokazu Fukui, Yuki Fujihara, Shinichi Yoshiya

    Annual Meeting of CAOS-International Proceedings Orland 2013.6

  15. 15 Comparison of surgical accuracy in image free THA navigation of different versions

    Shoji Nishio,Shigeo Fukunishi, Tomokazu Fukui, Yuki Fujihara, Shohei Okahisa​,​Shinichi Yoshiya

    Annual Meeting of CAOS-International Proceedings Orland 2013.6

  16. 16 Significance of preoperative 3D-CT angiography for localization of the femoral artery in complicated THA

    Shigeo Fukunishi, Tomokazu Fukui, Shoji Nishio, Yuki Fujihara, Shohei Okahisa, Shinichi Yoshiya

    America Academy of Orthopedic Surgeons Annual Meeting San Francisco 2012.3

  17. 17 Fascia iliaca compartment block for patients with proximal femoral fracture -Prospective evaluation of the efficacy and safety-

    Yuki Fujihara, Shigeo Fukunishi, Juichi Miura, Sahoko Koyanagi, Shoji Nishio, Shinichi Yoshiya

    America Academy of Orthopedic Surgeons Annual Meeting San Francisco 2012.3

  18. 18 Analysis of factors affecting the accuracy of the image-free THA navigation system in determination of acetabular cup orientation

    Tomokazu Fukui, Shigeo Fukunishi, Shoji Nishio, Yuki Fujihara, Shinichi Yoshiya

    America Academy of Orthopedic Surgeons Annual Meeting San Francisco 2012.3

  19. 19 Comparison of continuous femoral nerve block with and without combined sciatic nerve block after total hip arthroplasty: a prospective randomized study

    Shoji Nishio, Juichi Miura, Yuki Fujihara, Shigeo Fukunishi, Tomokazu Fukui, Shinichi Yoshiya

    Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society San Francisco 2012.3

  20. 20 Fascia iliaca compartment block for patients with proximal femoral fracture -Prospective evaluation of the efficacy and safety-

    Yuki Fujihara, Shigeo Fukunishi, Juichi Miura, Sahoko Koyanagi, Shoji Nishio, Shinichi Yoshiya

    Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society San Francisco 2012.3

  21. 21 Combined anteversion of the THA implanted with image-free cup navigation and without stem navigation

    Shigeo Fukunishi, Tomokazu Fukui, Shoji Nishio, Yuki Fujihara, Shohei Okahisa, Shinichi Yoshiya

    Annual Meeting of CAOS-International Proceedings Soul 2012. 5

  22. 22 Effects of continuous femoral nerve block, caudal epidural block with morphine, and intravenous patient-controlled analgesia with fentanyl on pain control after total hip arthroplasty: a prospective randomized study

    Nishio S, Miura J, Fujihara Y, Koyanagi S, Fukunishi S, Yoshiya S

    Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society Long Beach 2011.1

  23. 23 Radiological classification of hip arthropathy associated with long-term hemodialysis

    Fukunishi S, Fukui T, Nishio S, Yoshiya S

    Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society Long Beach 2011.1

  24. 24 Assessment of acetabular anteversion aligned with the transverse acetabular ligament – cadaveric study using image free navigation system-

    Fukui T, Fukunishi S Fujihara Y, Nishio S, Yoshiya S

    Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society Long Beach 2011.1

  25. 25 Adjustment of Leg Length Discrepancy Using CT-Free Navigation THA software without pelvic tracker.

    Fukunishi S, Nishio S, Fukui T Yoshiya S

    Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society New Oreans 2010.3

  26. 26 Effect of subcutaneous soft tissue on accuracy of the image-free navigation system in determination of the acetabular cup orientation

    Fukui T, Fukunishi S, Nishio S, Shibanuma N, Yoshiya S

    Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society New Oreans 2010.3

  27. 27 Adjustment of Leg Length Discrepancy Using Imageless Navigation THA Software without a Femoral Tracker

    Shoji Nishio Shigeo Fukunishi Tomokazu Fukui Yuki Fujihara Shinichi Yoshiya

    Annual Meeting of CAOS-International Proceedings Paris 2010.5

  28. 28 Assessment of acetabular anteversion aligned with the transverse acetabular ligament – cadaveric study using image free navigation system-

    Shigeo Fukunishi Tomokazu Fukui Shoji Nishio Yuki Fujihara Shinichi Yoshiya

    Annual Meeting of CAOS-International Proceedings Paris 2010.5

  29. 29 Total anteversion in THA using image free navigation system-

    Tomokazu Fukui Shigeo Fukunishi Shoji Nishio Yuki Fujihara Shinichi Yoshiya

    Annual Meeting of CAOS-International Proceedings Paris 2010.5

  30. 30 Adjustment of Leg Length Discrepancy in THA Using CT-Free Navigation System without the Use of a Femoral Tracker

    Fukunishi S, Nishio S, Imamura F Fukui T Yoshiya S

    Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society Las Vegas 2009.3

  31. 31 Enhanced suppression of pulmonary metastasis of malignant melanoma cells by a combined administration of α-galactosylceramide and interleukin-18

    Nishio S,, Fukunaga S, Fukunishi S, Futani H, Okamura H, Terada N, Yoshiya, S

    Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society Las Vegas 2009.3

  32. 32 Assessment of accuracy of acetabular cup orientation in CT-free navigated total hip arthroplasty

    Shigeo Fukunishi Tomokazu Fukui Nao Shibanuma Shinichi Yoshiya

    Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society San Francisco 2008.3

国内学会

  1. 1 大腿骨転子部骨折に対するCross Trochanteric compression nail systemの術後成績(X線学的検討を中心に)

    福井智一、藤原勇輝、河合光徳、横山和典、真鍋貴重、武田悠、吉矢晋一

    第41回日本股関節学会(新宿)2014.11

  2. 2 DDHに対してCPO施行時に股関節鏡を併用したことで滑膜性骨軟骨腫症を診断し得た1例

    増本由伸、福西成男、神頭諒、藤原勇輝、武田悠、中山寛、吉矢晋一

    第41回日本股関節学会(新宿)2014.11

  3. 3 長期透析患者股関節障害に対する術式選択

    福西成男、西尾祥史、福井智一、藤原勇輝、武田悠、吉矢晋一、福井智一

    第41回日本股関節学会(新宿)2014.11

  4. 4 Taper wedge型セメントレスステム(Accolade stem)の短期成績

    藤原勇輝、福西成男、西尾祥史、福井智一、武田悠、吉矢晋一

    第41回日本股関節学会(新宿)2014.11

  5. 5 強直股に対して人工股関節置換術を行った3例

    武田悠、福西成男、西尾祥史、藤原勇輝、吉矢晋一

    第41回日本股関節学会(新宿)2014.11

  6. 6 阪神淡路大震災とJR脱線事故2度の大事故災害の経験

    福西成男 吉矢晋一

    第123回中部日本整形外科災害外科(名古屋)2014.10

  7. 7 第5中足骨(Jones骨折)術後再発例の検討

    森本将太、田中寿一、高島孝之、福西成男、清野大輔、諸岡孝敏、神頭諒、吉矢晋一

    第87回日本整形外科学会(神戸)2014.5

  8. 8 Jones骨折の治療 サッカー選手の背景とともに

    諸岡孝敏、田中寿一、福西成男、 清野大輔、神頭諒、樋口史典、森本将太、吉矢晋一

    第87回日本整形外科学会(神戸)2014.5

  9. 9 スポーツ選手に生じた足関節内果疲労骨折に対してheadless cannulated double thread screwを用いたに骨接合術の治療成績

    神頭諒、福西成男、 諸岡孝敏、清野大輔、田中寿一、吉矢晋一、高島孝之

    第87回日本整形外科学会(神戸)2014.5

  10. 10 image free navigationにstem first technique を併用したimplant 設置

    福西成男、西尾祥史、福井智一、藤原勇輝、吉矢晋一

    第87回日本整形外科学会(神戸)2014.5

  11. 11 模擬骨におけるスマートフォンアプリを用いたカップ設置制度についての検討

    黒坂健二、福西成男、西尾祥史、吉矢晋一

    第87回日本整形外科学会(神戸)2014.5

  12. 12 新しいイメージフリーナビゲーションソフトを用いたTHAのimplant設置

    西尾祥史、福西成男、福井智一、吉矢晋一

    第87回日本整形外科学会(神戸)2014.5

  13. 13 CT free navigationを使用したUltra-Congruent(UC)型TKAとPS型TKAの膝他動屈曲Kinematicsの術中解析

    諸岡孝敏、今村史明、奥野真起子、中山寛、柏薫里、福西成男、吉矢晋一

    第44回日本人工関節学会(沖縄)2014.2

  14. 14 全人工股関節術後に発生した腸腰筋インピンジメントに対し,関節鏡視下に腱切離を行った1例

    黒坂健二、中山寛、西尾祥史、福西成男、吉矢晋一

    第44回日本人工関節学会(沖縄)2014.2

  15. 15 Bicontact stem 術後の大腿骨X線変化

    福西成男、西尾祥史、吉矢晋一、福井智一

    第44回日本人工関節学会(沖縄)2014.2

  16. 16 Stem first technique によるcombined anteversionを考慮したimage free navigationの成績

    西尾祥史、福西成男、福井智一、吉矢晋一

    第44回日本人工関節学会(沖縄)2014.2

  17. 17 DDHに対してCPOと股関節鏡手術を併用した症例の検討

    西尾祥史、福西成男、中山寛、吉矢晋一

    第18回兵庫県股関節研究会(神戸)2014.2

  18. 18 DDHに対してCPO施行時に股関節鏡を併用したことで滑膜性骨軟骨腫症を診断し得た1例

    増本由伸、福西成男、中山寛、西尾祥史、神頭諒、吉矢晋一

    第443回京阪神集団会(大阪)2014.2

  19. 19 側臥位側方アプローチ股関節手術における下肢袋内は本当に清潔野なのか?

    福井智一, 福西成男, 西尾祥史, 藤原勇輝, 岡久昇平, 横山和典, 武田悠, 土山耕南, 三浦寿一, 吉矢晋一

    第40回日本股関節学会(広島)2013.11

  20. 20 模擬骨におけるスマートフォンアプリを用いたカップ設置精度についての検討

    黒坂健二, 福西成男, 西尾祥史, 福井智一, 吉矢晋一

    第40回日本股関節学会(広島)2013.11

  21. 21 メタルオンメタル大径骨頭THAでhead-neck junctionの腐食により早期再置換を行った2例

    西尾祥史, 福西成男, 福井智一, 藤原勇輝, 岡久昇平, 武田悠, 吉矢晋一

    第40回日本股関節学会(広島)2013.11

  22. 22 Cup 関節形成術後長期経過例にTHAを行った3症例

    樋口史典, 福西成男, 西尾祥史, 福井智一, 吉矢晋一

    第40回日本股関節学会(広島)2013.11

  23. 23 術中stem前捻角計測におけるG-guideの有用性(後側方アプローチでの検討)

    藤原勇輝, 井田敬大, 紺野拓也, 井上正弘, 菅野大己, 増田武志, 西尾祥史, 福西成男, 吉矢晋一

    第40回日本股関節学会(広島)2013.11

  24. 24 Exeter femoral stemの当科での適応と短期成績

    福西成男, 西尾祥史, 吉矢晋一, 福井智一, 藤原勇輝

    第40回日本股関節学会(広島)2013.11

  25. 25 寛骨臼回転骨切り術を行った臼蓋形成不全股のFAI合併率の検討

    神頭諒, 中山寛, 西尾祥史, 福西成男, 吉矢晋一

    第40回日本股関節学会(広島)2013.11

  26. 26 FAIを伴った弾発股に対し, 鏡視下に関節唇縫合と腸径靱帯切離を行った1例

    中山寛, 西尾祥史, 福西成男, 吉矢晋一

    第40回日本股関節学会(広島)2013.11

  27. 27 表面置換型人工股関節置換術後にトライアスロンに復帰した1例(続編)

    森本将太, 福西成男, 西尾祥史, 吉矢晋一

    第40回日本股関節学会(広島)2013.11

  28. 28 臼蓋形成不全股に対する骨切り術に股関節鏡手術を併用した症例の検討

    西尾祥史, 中山寛, 福井智一, 福西成男, 吉矢晋一

    日本整形外科学会(広島)2013.5

  29. 29 側臥位側方アプローチ股関節手術における下肢袋内は本当に清潔野なのか?

    福井智一, 福西成男, 武田悠, 西川賢吾, 岡久昇平, 藤原勇輝, 西尾祥史, 三浦寿一, 吉矢晋一

    日本整形外科学会(広島)2013.5

  30. 30 血中尿中メタルイオン濃度が上昇した表面置換型THAを行ったトライアスロン選手の1例

    西尾祥史, 福西成男, 福井智一, 藤原勇輝, 岡久昇平, 吉矢晋一

    43回日本人工関節学会(京都)2013.2

  31. 31 メタルオンメタル大径骨頭THA後, 再置換を行った1例

    樋口史典, 福西成男, 西尾祥史, 岡久昇平, 三浦寿一, 吉矢晋一

    第17回兵庫股関節研究会(神戸)2013.2

  32. 32 当科におけるimage free navigation THAの精度と現在までの変遷

    西尾祥史, 福西成男, 樋口史典, 福井智一, 藤原勇輝, 武田悠, 吉矢晋一

    第17回兵庫股関節研究会(神戸)2013.2

  33. 33 側臥位側方アプローチ股関節手術における下肢袋内は本当に清潔野なのか?

    福井智一, 福西成男, 武田悠, 西川賢吾, 岡久昇平, 藤原勇輝, 西尾祥史, 三浦寿一, 吉矢晋一

    43回日本人工関節学会(京都)2013.2

  34. 34 大径骨頭を用いたTHAの臨床成績

    福西成男, 西尾祥史, 福井智一, 藤原勇輝, 岡久昇平, 武田悠, 吉矢晋一

    43回日本人工関節学会(京都)2013.2

  35. 35 THA術後鎮痛法の比較検討-持続大腿神経ブロック・仙骨硬膜外ブロック・フェンタニル持続静脈注射

    西尾祥史, 三浦寿一, 藤原勇輝, 小柳佐保子, 福西成男, 吉矢晋一

    第42回日本人工関節学会(沖縄)2012

  36. 36 Cup関節形成術術後長期経過例に対してTHAを行った2例

    岡久昇平, 福西成男, 福井智一, 西尾祥史, 藤原勇輝, 吉矢晋一

    第116回中部日本整形外科災害外科学会学術集会(高知)2011

  37. 37 K-Tプレートを用いたTHAの寛骨臼骨折への適応と限界

    福西成男, 福井智一, 岡久昇平, 西尾祥史, 藤原勇輝, 吉矢晋一

    第116回中部日本整形外科災害外科学会学術集会(高知)2011

  38. 38 大腿骨ステム前捻角決定における術中Gガイドの有用性

    藤原勇輝, 福西成男, 福井智一, 西尾祥史, 岡久昇平, 吉矢晋一

    第38回日本股関節学会(鹿児島)2011

  39. 39 THA再置換時における術前造影3DCTでの大腿動脈の走行異常の検討

    岡久昇平, 福井智一, 福西成男, 西尾祥史, 藤原勇輝, 吉矢晋一

    第38回日本股関節学会(鹿児島)2011

  40. 40 Image-free navigationにおけるTHAの精度と設置誤差に関わる因子の検討

    福井智一, 福西成男, 西尾祥史, 藤原勇輝, 岡久昇平, 吉矢晋一

    第38回日本股関節学会(鹿児島)2011

  41. 41 Cup関節形成術術後25年経過時に緩み無く摘出されたアルミナセラミックカップと骨界面の組織学的検討

    福西成男, 福井智一, 西尾祥史, 藤原勇輝, 岡久昇平, 吉矢晋一

    第38回日本股関節学会(鹿児島)2011

  42. 42 Modified-Hardinge(Mini-one)approachによる股関節滑膜性骨軟骨腫症に対する腫瘍摘出術

    武田悠, 福西成男, 福井智一, 西尾祥史, 藤原勇輝, 岡久昇平, 吉矢晋一

    第38回日本股関節学会(鹿児島)2011

  43. 43 Metal on Metal, Large headを用いたTHAの短期成績

    福西成男, 福井智一, 西尾祥史, 藤原勇輝, 岡久昇平, 吉矢晋一

    第38回日本股関節学会(鹿児島)2011

  44. 44 THA術後疼痛法の比較検討 持続大腿神経ブロック・仙骨硬膜外ブロック・フェンタニル持続静脈注射

    西尾祥史, 三浦寿一, 藤原勇輝, 小柳佐保子, 福西成男, 吉矢晋一

    第84回日本整形外科学会学術総会(横浜)2011

  45. 45 臼蓋横靭帯の走行角度(CT-free navigationを用いて)

    福井智一, 福西成男, 西尾祥史, 藤原勇輝, 吉矢晋一

    第84回日本整形外科学会学術総会(横浜)2011

  46. 46 Metal on Metal, large headを用いたTHAの短期成績

    福西成男, 福井智一, 西尾祥史, 藤原勇輝, 岡久昇平, 吉矢晋一

    第84回日本整形外科学会学術総会(横浜)2011

  47. 47 表面置換型人工股関節置換術の短期成績

    藤原勇輝, 福西成男, 福井智一, 西尾祥史, 吉矢晋一

    第41回日本人工関節学会(東京)2011

  48. 48 Metal on Metal大径骨頭を用いたTHAの短期成績

    福西成男, 福井智一, 西尾祥史, 藤原勇輝, 吉矢晋一

    第41回日本人工関節学会(東京)2011

  49. 49 前側方進入による表面置換型人工股関節置換術

    藤原勇輝, 福西成男, 福井智一, 岡久昇平, 西尾祥史, 吉矢晋一

    第14回兵庫股関節研究会(神戸)2010

  50. 50 THA術後疼痛に対する各種鎮痛方法の比較検討

    西尾祥史, 三浦寿一, 藤原勇輝, 小柳佐保子, 福西成男, 吉矢晋一

    第37回日本股関節学会(福岡)2010

  51. 51 臼蓋横走靭帯の走行角度(CT free navigationを用いて)

    福井智一, 福西成男, 岡久昇平, 藤原勇輝, 諸岡孝俊, 西尾祥史, 吉矢晋一

    第37回日本股関節学会(福岡)2010

  52. 52 Image free navigationを用いたPrimary THAの有用性と問題点

    福西成男, 福井智一, 西尾祥史, 吉矢晋一

    第40回日本人工関節学会(宜野湾)2010

  53. 53 THA再置換時に深大腿動脈損傷及び浅大腿動脈血栓症を生じ人工血管を用いたバイパス手術を必要とした症例

    福西成男, 西尾祥史, 福井智一, 吉矢晋一

    第35回阪神地区整形外科を語る会(大阪)2009

  54. 54 CT free navigation THAにおける脚長差補正の検討(Navi vs. Mannual)

    西尾祥史, 福西成男, 今村文明, 福井智一, 三浦寿一, 吉矢晋一

    第36回日本股関節学会(京都)2009

  55. 55 CT free navigation systemを用いたTHAにおけるtotal anteversionの検討

    福井智一, 福西成男, 西尾祥史, 吉矢晋一

    第36回日本股関節学会(京都)2009

  56. 56 GardenⅢ, Ⅳの大腿骨頸部骨折に対するanatomical large head (ADEPT HIP)を用いたTHAの治療成績

    福西成男, 福井智一, 西尾祥史, 藤原勇輝, 吉矢晋一

    第36回日本股関節学会(京都)2009

  57. 57 K-Tプレートとallograftを用いた臼蓋再建

    福西成男, 今村文明, 西尾祥史, 福井智一, 吉矢晋一

    第39回日本人工関節学会(東京)2009

  58. 58 CT free navigationを用いたTHAにおいて恥骨結合上の軟部組織の厚みがcup設置角に及ぼす影響

    福西成男, 西尾祥史, 吉矢晋一, 福井智一, 柴沼均

    第82回日本整形外科学会学術総会(福岡)2009

  59. 59 RAO後にPLLA Screwが原因となった遅発性無腐生瘻孔の2例

    福西成男, 今村文明, 清野大輔, 福井智一, 西尾祥史, 吉矢晋一

    第420回整形外科集談会京阪神地方会(大阪)2008

  60. 60 悪性リンパ腫による著しい寛骨臼の破壊に対して化学療法が著効しK-Tプレートと同種骨移植で再建し得た症例

    西尾祥史, 福西成男, 麩谷博之, 今村文明, 福永訓, 吉矢晋一

    第111回中部日本整形外科災害外科学会学術集会(金沢)2008

  61. 61 悪性リンパ腫による著しい寛骨臼の破壊に対して化学療法が著効しK-Tプレートと同種骨移植で再建し得た症例

    西尾祥史, 福西成男, 麩谷博之, 福永訓, 福井智一, 吉矢晋一

    第12回兵庫股関節研究会(神戸)2008

  62. 62 当科におけるRAO時の内固定方法の変遷(遅発性無腐性瘻孔の2例から)

    福井智一, 福西成男, 西尾祥史, 吉矢晋一

    第12回兵庫股関節研究会(神戸)2008

  63. 63 CT free navigation THAにおけるcup設置角の三次元的検討 Mini vs. standard

    福西成男, 福井智一, 西尾祥史, 吉矢晋一, 柴沼均

    第81回日本整形外科学会学術総会(札幌)2008

  64. 64 変形性股関節症に対するCup関節形成術後長期経過観察可能であった症例

    福西成男, 福井智一, 西尾祥史, 立石博臣, 吉矢晋一

    第38回日本人工関節学会(沖縄)2008

  65. 65 寛骨臼骨折術後のOAに対するTHAの経験

    西尾祥史, 福西成男, 福井智一, 吉矢晋一

    第34回日本股関節学会(金沢)2007