疾患紹介 手の疾患

手の疾患

  • 手の疾患
  • 手の疾患
  • 手の疾患

手外科(上肢)グループでは、肩甲体から上腕、肘、前腕、手関節、手指にいたる範囲の疾患・外傷を研究、診療しております。
手外科の治療は、上肢の疾患、外傷により制限を受けている個人個人の生活、仕事、趣味、スポーツ活動を改善することにあります。
骨折、腱損傷、末梢神経障害、慢性関節リウマチなどが主な治療対象です。

外傷

転倒で生じる手関節部、肘関節、肩関節の骨折の手術治療を行っています。また、スポーツ障害として生じる野球肘や舟状骨骨折などの治療を積極的に行っています。

橈骨遠位端骨折

橈骨遠位端骨折

橈骨遠位端骨折

橈骨遠位端骨折

橈骨遠位端骨折

橈骨遠位端骨折

橈骨遠位端骨折

橈骨遠位端骨折

炎症性疾患

手指の狭窄性腱鞘炎や手関節部の狭窄性腱鞘炎であるドケルバン病や上腕骨外上顆炎 (通称、テニス肘)の治療を行っています。

神経麻痺

末梢神経への圧迫により生じる手根管症候群や肘部管症候群の検査を行い、必要に応じて神経の圧迫を取り除く手術を行っています。

橈骨遠位端骨折

肘部管症候群

神経麻痺

変性疾患

母指の付け根の関節の年齢的な変化で疼痛や変形が生じることが多く、そのような病気に対して除痛と関節の動かせる範囲の拡大を目的に手術を行っています。

母指CM関節症

神経麻痺

(日本手外科学会広報委員会監修)